自動鉋盤
太洋製作所 EP-450


蓋のレバー取れて無い。パパがひもでしばってる。別にこれでええけどね。

長いこと休眠してるから錆びてる。
ここまでくるのにようやく。遍路はるばるご苦労様でございました。
なんでこれはいつまでも売れへんのんや!!!とパパが言っていた。
あなたがいつまでもほったらかしにしているからですと.... ××

刃物カバーまで鋳物。昔はぶこつやな。コスト度外視

モーターの出っ張り感。半端ねーーーー。

巨大ガンギの奥に細いローラー!! 流石。なんか綺麗に削れそうな予感

起動はスターデルタ方式。

y1972 年製 同じ学校って感じやね。
俺が3年 君1年生..........  てきな

錆び付いてあがらないオルガンたち。板押さえも完全固着体勢。くそーーーいつも俺の行く手を阻むやつら

低速で6/12/24 ですね。 
太洋 御用速度。高速にベルトかかってましたんで低速走行にしました。
昔は高速で早く加工したかったんですね。

前ロールの巨大なガンギロール。でかーーーーーい。
台風の雨で倉庫の雨漏りがきつくなりましたところこんな感じ。ははは
テントハウスで機械いじってます。

台調整。オルガン一個だけ不揃いやからなんでやろ? 調整したけどなんでやろ?誰かなぶったんやろね。
送りのバネとかも一番緩くなっている。いろいろ試したんやろね。さてさて......

服部製作所
JP-18

4600/RPM
送材 7.5M/RPM
3.7キロワット
加工巾450o 2枚刃


流線型のボディーはセンスありますね。


ガンギロールの溝はしっかり深く。よくくいついて送りそうです。

モーターのでっぱり感のフレーム。今こんなん型でふかんから すごいなと


関西では静岡服部の機械はほとんどみませんが 調子が良い機械だと昔に僕のパパが言っていたよう..

さすがに汚い


後ろの板押さえなんてまったくあがらない


ようやくアンペアメーター操作ロゴが見えるようになりました?!

なかなかの重厚な造りですね。テーブル下の鋳物に厚みがありますわ


タイガースに似たマークが素敵

定盤はシカル引きですね。指でさわったらだんだらしてます。まあ昔の機械なんでこんなもんですね。送りが密着しなくて軽くていいかも。
ケレンしてわかるけど鋳物がすごい良さそうな感じですね。


クラッチの切り替えもスムーズです。

羊羹仕立てのスライド。軽く昇降できるようにキサゲ跡ですね。昔は古い機械はガイドにこうしてたよね。
フレーム一体構造なのか? 加工と組立精度に自信あったんでしょうね。

刃先は固いの入ってます。2枚刃でバリバリバリバリ削ってはったんですね。厚刃最高!!??

なんといってもロール間ピッチが短い。ロール径が小さいんです!!

刃物カバーが板押さえになっているタイプですね。オルガン式ではないので厚みの違うものは苦手かもしれません。材料の両端に段が付くからどうにもこうにも。
段がついたら両端切ってから使うんやで〜と。昔の人はゆうてそうな。自動カンナに求める要望も時代とともに変わってきたんでしょうね。
息苦しいですわ。こんな感じでいいやん

ローラー各部調整、Vベルト、ベアリング 交換してません!!
刃物研磨。まあまあ綺麗に削れるようになりました。最初まるでだめ!!



太洋 SD400


どんな感じにしあがるんやろ?

加工巾400×160o
2.2キロワット



ハンドルの樹脂は劣化してるね
変速もカンナもワンモーターでギアボックスでやってるから複雑。

ちぇーーーん フット!


なんとも古くさい感じ... あんど愛らしい丸みのデザイン 古車の感じ???
今はガンダムみたいな車多いですやん。こっちみてたらホットするデザイン

狭いから整備しにくいですわ


テンションプーリーの皿ネジが外れないようにポンチをうっていたんですね。


赤い電気は見にくいけれど、寒い冬には暖かい。昔の人はこの暗がりで仕事してたんやな---と。
LEDの恩恵を受けると 見にくいのがたまらない。あえて挑戦中!!

寒いから帰りたい... 京は雪ふった


カバーあけたらすごい埃

押さえが固くてあがらない


なんといってもこれにつきたね。 そらうまいこと削れんかったでしょうに...

定盤の錆びもなんとなく落としたけど錆びがなかなか取れないからしんどい


まあまあ綺麗??!! かな まあ杉のやらかいのやから 1.9o






もうちょっとで完成やけど 程度はまあまあかな


飯田自動カンナ盤SX-433

キキキ ギャギャギャ ガウウン  なんですか?このサウンドは
テーブルを昇降させるとこんな鳴き声が聞こえてきます。当店は金属加工屋です!?



木くずを吹いても吹いても出てきます。いったいどれくらいの月日がたったのだろう。



僕の右手を知りませんか?錆び?ヤニ?ローラーの松ヤニがべったりついてます。



今時、こんな汚れ仕事すすんでやる奴おらんなほんま...
中古機械はいつもこんなんや



ネジのカバー開けたら、うわ----●●こ。ビビったー。
いろいろがんばってはったんやなと推測。とりあえずビール いやグリスみたいな。
昔の人はグリス好きですね。



熱いねん。シャフト.....いろいろ苦労しとったんやな調整に。



ヤニとりたいへんですわ










太洋制作所 SLP-500

デジタルは変更目盛りが壊れています。
点灯と感知はOK!!
スナップスイッチで昇降









定盤ベタ。
送りかけて主軸か
主軸かけて送りかは
あなた次第!!



前後ゴムローラーです。
巻き替えはしてません。あしからず





新品のカンナブロック
太洋オリジナルです。







菊川鉄工所

加工幅1100o
コメント

鈴三

加工幅450o
厚み250o
インバータによる自動昇降
に改造しました。
プリセットは壊れていて
使用できません。
普通の自動カンナとしてお使い下さい

コメント

松岡鉄工

加工幅400o
3枚刃
上下自動昇降

コメント

太洋製作所直角自動
直角二面仕上げ
コメント

菊川鉄工K-24
加工幅600o
厚み150o

4枚刃です

コメント
ワイドな加工幅600oです。幅広椋材にいかが?

価格